工場で作業員の安全を確保するには?(AI×製造)【論文】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

現代の産業に必要な安全管理

「インダストリー4.0(I4)」は、提案されて以来、自動化と人工知能の相乗的な活用によって社会に利益をもたらしうるとして研究者たちの注目を集めてきた。電気製品の製造だけでなく、農業、医療、教育など、生活の各分野にもI4の効果が広がっている。

韓国政府は、多くの企業や工場にスマートシステムの開発を要請している。例えば化学工学の分野では、危険な化学物質を扱う必要があるため、作業環境の安全レベルを制御し、維持することができるインテリジェントなシステムの開発が求められている。

韓国にある嶺南大学のLe Tran Huu Phucら研究者は、スマート工場化が進むなかで、作業員の安全性を判断するシステムの開発が求められているという課題に着目し、動画から作業員と装備品3つを検出し、種類を判別することで安全性を評価するシステムの開発を試みた。

結果、検出はうまくいったのだろうか?続きを読んでみよう。

Haar Cascadesアルゴリズムを用いた安全管理システム

Le Tran Huu Phucらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界/カテゴリー

PAGE TOP