ドローンで太陽光パネルをメンテナンス!(AI×ドローン)【論文】

   

太陽光パネルのメンテナンスへUAVを活用

ここ数年、経済的なインセンティブと再生可能エネルギー源への注目によって、太陽光発電分野の生産量は非常に急速に増加している。太陽光パネルの欠損はコストに影響するため、パネルのメンテナンスは太陽光発電所の収益性を左右する重要な要素となっている。

無人航空機(UAV)を用いれば、画像を取得し、取得された大量の画像データをコンピュータで処理することが可能なので、メンテナンスを自動化することが期待できる。しかし、メンテナンスの自動化には、UAVをうまく太陽光パネル上を飛行させ、撮影することが必要になってくる。

イタリアにあるミラノ工科大学のG. Roggiら研究者は、メンテナンスするためにUAVで太陽光パネルの撮影を行う際に、UAVに経路を指示するデータに含まれる誤差に対処する必要があるという課題に着目し、画像認識でパネルの位置を推定し経路を修正する手法を提案した。

結果、UAVを太陽光パネル上でうまく飛行させることはできただろうか?続きを読んでみよう。

UAVを正しく飛ばす、経路の修正手法の開発

Gabriele Roggiらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP