【ロボットAI最前線】ニューラルネットワーク搭載のAI水中ロボット開発計画【人工知能論文】

技術を手にして海に還る

人間の祖先は海からきているものの、サピエンスとして目覚めた我々はその活動領域を地上に集中してきた。
しかし、地球の表面積の半分以上は海であるという事実は忘れられないだろう。

ここ数年で大きく進化したのは、空を自由に攻略するロボティクスだ。いわゆるドローンの技術である。

商用ドローンの世界市場規模は1.4兆円ともなっている。
大きく成功を収めているのは中国企業DJI、大きく差をつけられてころいるかParrotなども注目されている。

ただし空中ドローンの持つ力は都市においては限定される。
個人の持つ自由は、他人の領域を侵さない範囲で得られるものというわけだ。

さて、まだ誰も見たことがないのは、海を自由にする力である。
これまで水中ロボットが難しかったのは、標高の高い地点よりもさらに通信の届かない領域が水中だからだ。

しかし、ここ数年、ロボティクスソフトウェアに大きなブレークスルーの転機が訪れた。いわゆるAI技術の発展だ。

うまくいけば、地上との通信状況がいまいちでもロボット自身が意思をもって水中を動くことができるかもしれない。

以下には、AI搭載の水中ロボットを開発する研究者たちの技術発表を紹介する。

ニューラルネットワーク搭載の水中ロボット開発計画

(Featured AI) A project of developing underwater robot which has neural network (Publication)

...
この記事の全文は会員限定です。
こちらより会員登録

Translating

PAGE TOP