火災の有毒ガスから消防士守る「AIネットワーク」とは?(AI×セキュリティ)【論文】

   

消防士もリスクを背負っている

中国では、石油化学プラントや化学物質貯蔵港での火災事故の発生率が高くなっている。 危険物質が保管されている場所での火災事故は、有害・有毒ガスが大量放出される。

有害・有毒ガスの存在は、消防士の消火活動や救助活動をより困難にし、安全性を脅かす。したがって、有害・有毒ガスの監視システムの研究は、火災の早期警告と生命の安全確保にとって非常に重要である。

コンピュータやセンサー技術の急速な発展により、無線通信ネットワークに基づく有害・有毒ガスの監視技術が開発された。さまざまな業界でのワイヤレスベースの屋内および屋外の有害・有毒ガスの監視および検知システムは地下鉱山、トンネルなどの場所では、高度に発展してきた。しかし、こうした技術を火災現場で用いるのは、ネットワークの安定性やデバイスの可燃性などが理由で現実的ではない。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国にある瀋陽公安部消防安全科学研究所のYufeng Fanら研究者は、有毒ガスの発生しうる場所での消防活動や救助活動の安全性確保という課題に着目し、有害・有毒ガスの監視システムを設計し、伝送ネットワーク、監視端末、および監視のデータ処理ソフトウェアを確立することを試みた。

結果、優れたシステムを作ることはできたのだろうか?続きを読んでみよう。

火災現場で使える有害・有毒ガスデータ処理システム

Yufeng Fanらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x