「スマート工場」はこのようにして実現せよ(AI×製造)【論文】

   

システムを一新するアイデア

いま、スマート工場に注目が集まっている。

スマート工場とは、自動化された機械とクラウドがネットワークを介して接続され、ビッグデータの収集や各種ソフトウェアの展開が可能となる工場のことである。スマート工場を実現する上では、ビッグデータを分析することで、工場の物理的な構成要素をより賢く操作、監視、管理できると考えられている。

スマート工場で取得するデータなどの産業データは、状況に応じてリアルタイムに処理する必要がある。しかし、既存のシステムは、オンラインのデータ処理に適していない。

中国にある華南理工大学のS. Wangら研究者は、産業データ処理において既存のシステムはオフラインにしか対応していないという課題に着目し、リアルタイム処理可能なシステムを提案した。そして、キャンディーの包装を行うスマート工場を構築し、システムをシミュレーションした。

システムやシミュレーションはどんなものだったのだろうか?続きを読んでみよう。

スマート工場システムを網羅的に設計

S.Wangらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP