「スマート工場」知っておくべき研究トレンド(AI×製造)【論文】

   

幅広い専門性が必要な分野

近年、第4次産業革命の到来とともに、スマート工場(Smart Factory)の研究が積極的に進められている。工場へのIoT導入による、複雑化する需要に対応できる生産プロセスの推進や、工場やデバイスのデータを活用した効率化が期待されている。

スマート工場は、技術や他分野への理解が重要であるため、様々な専門分野を持つ研究者によって研究されている。しかし、複数のドメインの研究動向を追うのは困難な課題である。

韓国にある大邱慶北科学技術院のHyun-Lim Yangらは、スマート工場の研究論文をLSA(潜在意味解析)で分析し、過去のスマート工場の研究や現在のトレンドを発見することを試みた。

その結果、トレンドを発見することはできたのだろうか?続きを読んでみよう。

AIで未来を変える仲間:Hyun-Lim Yangについて
韓国・大邱慶北科学技術院の情報通信工学科の博士学生。深層学習アルゴリズムとそのアプリケーションを専門としている。解釈や意味理解が可能なディープラーニングモデルを構築する「説明可能な人工知能」は、彼のプロジェクトの1つだ。
GitHub
Twitter

スマート工場の研究トレンドを分析

Hyun-Lim Yangらの研究における「ミッション・手法・結果」は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP