農作物の収穫をAIで自動化って出来るの?

IT、ドローン、ロボットなどのテクノロジーを用いた新しい農業であるアグリテックは、世界中でますます注目を集めている分野です。特に収穫ロボットは、その潜在的な効率の高さゆえ、急速に開発が進められています。

AIの知識を勉強中の新米エバンジェリストが、最新アグリテックについて語り合っています・・・。

一次産業の自動化に夢広がる

アグリテックって知ってる?

ほのか
ほのか

ももか
ももか

なにそれ?

アグリテックとは、農業(Agriculture)とテクノロジー(Technology)を組み合わせたことば。従来の農業における課題をドローンやビックデータ、IoTなどの最新技術で解決することです。

ほのか
ほのか

特に農作物の収穫って人手が必要だし、課題になってるみたい。

ほのか
ほのか

ももか
ももか

それってロボットで出来たら、めちゃめちゃ効率よくなるんじゃない?!

そうだよね、でも収穫するためには、そもそも野菜や果物をAIが正しく認識する必要があるよね。

ほのか
ほのか

ももか
ももか

AIが人の目と同じレベルで認識できたらいいよね!

そこでトマトが映った写真から、AIがトマトを認識できるかどうかを調査する研究が行われました!

ほのか
ほのか

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP