車両間ネットワークAIが次世代のMaaS環境を作る【AI論文】

マザーズに上場し、時価総額のトップランキングに躍り出たPKSHA Technology は先日、トヨタとソフトバンクの共同出資会社MONET Technologiesの企業連合である「MONETコンソーシアム」に加入したという。

同社は、MaaS(Mobility as a service)領域に貢献すると述べている。

MaaS(Mobility as a service):交通をクラウド化し、マイ カー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)を1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ 新しい移動の概念。

https://youtu.be/NOyfECJwbCU

さて、いよいよAIによる車両の自動運転化が本格化していく中で、よもや自動車ひとつひとつに備えられたカメラで車両間の位置をキープするなどという技術を想定してはいけない。

ではどういう技術が車両間コミュニケーションに使われるか?

以下にその秘密を掘り下げる論文を紹介した。

車両間ネットワークAIが次世代のMaaS環境を作る

(Featured AI) Intelligent network systems for communication between vehicles and safety! (Publication)

E. Talavera, J. J. Anaya, O. Gómez, F. Jiménez, and J. E. Naranjo, “Performance Comparison of Geobroadcast Strategies for Winding Roads”. Electronics, 7, 32 (2018).

[DOI: 10.3390/electronics7030032]

3つの要点

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP