AIクイズ100【第5問】「ディープラーニングの流行が遅れたのはなぜ?」

   

クイズに答えながらAIの基礎知識を学べる「AIクイズ100」。100日間、1日1問のクイズにチャレンジながら、AIに詳しくなりましょう!(クイズ一覧はこちら

第5問

ディープラーニングの基礎理論は1950年代には提示され、その改良も1960年代になされています。しかし、ディープラーニングの爆発的な流行は2010年まで待たなければなりませんでした。それはなぜでしょうか。最も適切なものを1つ選んで下さい。

A.改良後の理論でも実用には不十分で、新たなアイデアを必要としていたため。
 
B.機械学習の性能向上には、現代のようなビッグデータ(大量のデータ)が必要であったため。
 
C.機械学習を行うためのプログラミング言語の進歩が必要であったため。
 
D.第一次AIブームの終焉によって、その理論が見向きもされなくなっていたが、2000年代に再発見されたため。
 
E.パソコンの性能が向上したため。

答え

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP