アルツハイマー早期診断できるか。ディープラーニングでMRI画像解析(AI×医療)【論文】

   

アルツハイマー病は早期発見が重要

近年の高齢化社会の進行に伴い、アルツハイマー病の発症率が高まっている。アルツハイマー病の発見や治療のタイミングは患者のその後の生活に大きく影響するため、早期発見が非常に重要な課題となっている。

スペインにあるCorun大学のAlejandro Puente-Castroら研究者は、従来の診断手法よりもアルツハイマーをより早期かつ正確に発見することを目的とし、ディープラーニングを用いて脳のMRI画像からアルツハイマー病を診断するシステムの開発を試みた。

結果はどうだったのだろうか。アルツハイマーの早期診断はできるのだろうか。

深層学習によるアルツハイマー病診断システムの開発

Alejandro Puente-Castroらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP