国民の隠れた本音をミエル化できるか。医療満足度をSNSから分析(AI×医療)【論文】

医療サービスへの国民の本音は?

中国ではかつて、国内の医療サービスに対する2つの問題が大々的に報道された。それは「患者の医療従事者に対する暴力」と「国内の医療の質に対する不満」であった。大々的に報道されたということは、それだけ国民の負の感情が膨れ上がっていたということだろう。

一方で、報道と同時期に、中国国内の患者を対象に医療サービスに対する認識調査を行ったところ、患者が医療サービスに対して概ね満足していることが分かった。このように同じ医療サービスというテーマで国民調査を実施しても結果に一貫性がなく、正しい国民感情を反映させた調査結果を得るのは難しい。

このような国民の感情の違いには、メディアの報道と調査によるバイアスが影響していると考えられる。

Chinese Academy of Medical Science(CAMS)のGuangyu Huらは、この矛盾を解決するため、中国の医療サービスに関する世論を監視できるデータとしてSNSに着目した。中国国内における主要なSNSであるWeChatとQzoneから国民の医療サービスに関する感情をNLP(自然言語処理)で分析した。

結果はどうだったのだろうか。国民の隠れた本音をミエル化できるのか?

WeChatとQzoneの投稿を感情分析

Guangyu Huらの研究における「ミッション・手法・結果」は以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP