【トヨタ1億ドルファンド発表】ディープラーニング×IoTで車が自己診断!【自動車人工知能最新論文】

次世代モビリティの実現に向けて

トヨタ・リサーチ・インスティテュートの子会社である「トヨタAIベンチャーズ(Toyota AI Ventures, TAV)」は、1号ファンドに引き続き2号ファンドを1億ドルの規模で新設することを発表した。

TAVが投資するのは、次世代モビリティの研究開発を担う企業だ。

例を取れば、Aurora*に買収されたBlackmoreが挙げられるが、彼らの開発した技術はコンパクトで堅牢な周波数変調連続波(FMCW)LiDARセンサーと、それをサポートする解析ツールおよびソフトウェアだという。
*Auroraは「モビリティの進歩ー自動運転革命」を掲げ、自動運転車の実現に向かって突き進む企業だ。

モビリティの未来は、自動運転車の完成を次の大きな目標としている。

しかし、それは、トヨタをはじめ多くの企業が成し遂げようとすでに数年努力し続けているプロジェクトだ。

世間では「自動運転など幻だ」「自動運転はすでに実現する話」などと勝手な憶測を含む噂話が跋扈している。

いま改めて、それは果たしてどれほどの難題なのだろうか?
民間人は、一体どの程度の期待を持って次のニュースを待てばよいのだろうか?

以下では、自動運転車の実現に大きく寄与するであろう機械学習に関する技術発表論文を取り上げる。それを読むことで、

・現在の自動運転車の開発技術における最先端

・機械学習の持つ応用技術ポテンシャル

を知ることができる。

...
この記事の全文は会員限定です。
こちらより会員登録

自動運転車のさらなる未来

これはつい3ヶ月前に米Teslaによって発表された「フル自動運転車」というタイトルの動画である。

議論がこのまま自動運転車を許容する流れに進めば、この便利さが公の手のもとに渡るのは時間の問題だろう。

私達は手放しに楽観するのでも悲観するのでもなく、その技術はいかにして成り立っているかに目を向けるべきではないだろうか。

Translating

PAGE TOP