クロスカントリースキーの動きの種類をAIで自動分類(AI×スポーツ)【論文】

   

スキー研究は課題が山積み

クロスカントリースキーは、スキーとポールを使用して雪の丘陵地帯を前進する全身運動耐久スポーツである。この競技には2つの走法であるクラシカルとスケーティングに分類され、いくつかのテクニックが存在する。クロスカントリースキーの研究は散見されるものの、精度や汎用性が低かったり、より多くのセンサーが必要である等の問題がある。

ノルウェーにあるオスロ大学のOle Marius Hoel Rindalら研究者はクロスカントリースキーにおける精度や汎用性が低かったり、より多くのセンサーが必要であるという課題に着目し、2つのウェアラブルデバイスを装着し、統計的な機械学習アルゴリズムを利用してクロスカントリースキーのテクニックの自動分類を試みた。結果、全体的な精度を向上させることができた。

センサーを少なくし、分類精度の向上を達成

Oleらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP