スマートグリッドの実現に向けて。GANがデータ不足を解決(AI×都市)【論文】

データ不足がスマートグリッド実現を阻む

スマートグリッドは、電力の需要・供給を制御し、効率的な送電を行うための方針であり、オバマ政権が進めたことで広く知られるようになった。スマートグリッドの機能には、エネルギー消費・生産の予測や、異常検知、送電状態の推測などがあるが、いずれにおいても機械学習の応用が進んでいる。機械学習を使用するためには大量の学習データが必要になるが、収集コスト、安全面やプライバシーの観点からデータ収集は困難を極めている。

カナダのウェスタンオンタリオ大学のMohammadら研究者は、データ収集の問題を解決すべく、AIによるデータ生成を試みた。その結果、実際のデータに近いレベルでのデータ生成に成功した。

AIによる時系列データ生成

Mohammadらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP