空調の異常検知AIが、世界のエネルギー消費を削減する(AI×環境)【論文】

   

空調のエネルギー消費は意外と多い

私たちの生活に暖房や冷房は欠かせないが、実は空調のエネルギー消費量は世界全体の40%にも及び、さらに年々増加している。空調をしっかりメンテナンスすれば30%のエネルギー消費を抑えることができるのだが、世界中にあるビルの空調のすべてを常に監視し続けるのは、負担が大きすぎて現実的ではない。

このため、空調に異常が起きたときだけに検知できるようなAIの監視技術が求められている。しかし、異常データが不足していることで、AI活用が難しい状況にある。

中国の中国計量大学のChaowenら研究者は、空調システムにおける異常検知において、異常時の学習データが不足している問題を解決すべく、AIによる異常時のデータ作成を試みた。その結果、GANと古典的機械学習を組み合わせることで、精度が最大9割超えの異常判定に成功した。

異常データの生成によって、異常検知の精度を向上

Chaowenらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP