衣類の種類を自動判別!「AI搭載洗濯機」(AI×環境)【論文】

洗濯機にも機械学習が必要!?

近年、音声認識や自動意思決定などの機能を持つ、AI搭載家電が急速に普及している。市場での競争力を保つため、企業にとってAI搭載家電の開発は非常に重要だ。

また、環境法の整備、SDGs(持続可能な開発目標)などの各国での取り組みを背景に、環境への配慮も必要とされる。これを受け、洗濯機市場においては、AIを用いた洗濯プロセスの最適化による洗浄力の向上、水や電力の消費量削減が大きな課題となっている。

イタリアにあるパドバの大学のMarco Maggipintoら研究者は、洗濯機の洗濯プロセスの最適化による洗浄力向上、水や電力の消費量削減という課題に着目し、機械学習を用いて衣類の種類の自動分類を試みた。結果、分類対象が一定重量以上であれば、80%を超える精度での分類に成功した。

機械学習を用いて衣類の種類を自動分類

Marco Maggipintoらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP