穀物の「害虫」ディープラーニングで自動特定(AI×農業)【論文】

小さな害虫も見逃せない

近年、農場の害虫特定を可能にする技術に関心が集まっている。より多くの農家や政府、研究者らが害虫特定に注力し、精密農業の改善に努めている。広大な農場内の害虫の数の自動特定は、農作業リソースの最適配分とその管理の重要な役割を担っているのである。しかし、例えば小麦ダニなどは、そのあまりの小ささゆえ、従来の視覚的な画像情報を利用して個体数を特定することは難しかった。

中国のAnhui UniversityのWeiluら研究者は、近年急速に画像処理と害虫認識技術が発展してきたことに着目し、どうにかしてこの技術を応用できないかを模索した。彼らは、ディープラーニング手法を基礎としたself-learning saliency feature mapsを開発し、害虫の居所特定と計数を試みた。結果、90%以上の正確さでその計数などに成功した。

高精度で害虫を認識する技術の開発

Weiluらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP