「有害な空気の発生を抑える」汚泥処理プロセスをAIで検討する(AI×環境)【論文】

   

排水処理場の汚泥処理の過程で発生する臭気化合物は、人体に様々な悪影響を引き起こす原因となる。たとえば、頭痛、吐き気、集中力の低下などだ。

このことは、特に廃水処理施設の近くに住む住民にとって深刻な問題である。心当たりのある読者がもし原因不明の体調不良を感じていたとしたら、もしかすると臭気化合物の影響が関係しているかもしれない。汚泥の処理後に発生する有害な気体を削減することは、都市に住む人々にとって重要な課題なのである。

ポーランドにあるグダニスク工科大学のHubert Bylińskiら研究者は、汚泥処理過程における臭気化合物発生の削減という課題に着目し、機械学習を用いた臭気特性の予測を試みた。結果、平均絶対パーセント誤差で約30%のレベルで臭気強度と不快度の予測に成功した。

機械学習を用いた汚泥処理時に発生する有害物質特性の予測

Hubert Bylińskiらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP