リアルな人物画像を生み出す「StyleGAN」のしくみを解説!(1)

はじめまして。制御機器メーカーでAI技術を用いた商品開発をしているToshifumi(@_kToshifumi_)と申します。

この連載では、最新AI技術の導入や、お客様の要望に合わせて技術をカスタマイズした経験で得られたノウハウをもとに、AIの技術解説を行っていきたいと思います。

今回から3回にわたって取り上げるのは「StyleGAN」というアルゴリズムです。この記事を読めば、StyleGANのアルゴリズム体系的に理解することができます。

StyleGANはすごい!

StyleGANの特徴は何より、リアルすぎる人物画像を次々と生成できることです。

例として、以下の動画を見てみてください。英語ですが、実在していてもおかしくないほどリアルな顔画像が自由に生み出せる様子が分かります。

https://www.youtube.com/watch?v=kSLJriaOumA

これがどのようなロジックで行われているかを見ていきたいと思います。

StyleGANは、ディープラーニングにおけるGPGPUで最も有名なNVIDIAが開発した技術です。前身として、NVIDIAがPGGANという技術を開発しており、StyleGANは PGGANをもとに作られています。なので今回は、まずPGGANの解説を行っていきます!

NVIDIA公式技術紹介ページにて公開されている論文をもとに解説していきます。

PGGANのもとになるGANとは

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP