「複数楽器の」譜面を生成(AI×アート)【論文】

   

「AI音楽家」は発展途上

AIは昨今、芸術の分野にも進出し始めている。大物画家のようなタッチの絵を描いたり、音楽をゼロから生み出したりできるのだ。

しかし、絵の生成に比べて、音楽の生成は難しいのが現状である。その理由の一つは、絵は「点」であるが、音楽は「線」であるという点にある。音楽には時間軸があり、楽曲ごとに展開の仕方も様々である。また、メロディーとギターとドラムといった具合に、パートの数も多い。現在の機械学習技術では、単一のメロディを生み出すことはクリアしているが、伴奏つきの複数パートから成る音楽をつくることに対しては、まだ多くの課題が残されている。

米国にあるUC San DiegoのChrisら研究者は、Transformer(ピアノ用の楽譜生成器)の技術を、その他の楽器へ事前学習技術を用いて応用することに挑戦した。結果、生成器のパフォーマンスは増大させることに成功し、AIによる譜面生成技術の発展に貢献した。

AIによる複数楽器の譜面生成

Chrisらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP