IPO投資の爆益を手助け?機械学習で最適ポートフォリオを構築(AI×金融)【論文】

   

IPO投資は判断がむずかしい

ベンチャー企業の成功を示す象徴的なイベントの1つは、IPOだろう。IPO(新規株式公開)とは、非上場企業が証券取引所に初めて上場し、誰でも株式を取得できるようになることだ。

一般的なIPOでは、上場日よりも前に、抽選で投資家に「買う権利」が与えられる。当選した投資家は、上場前に株式を購入することができる。この時の購入額に対して上場後の株価は上がることが多いので、購入済の株式を売ることで利益を出すことができる。上場前に購入し、上場後に売り抜くやり方は「IPO投資」と呼ばれており、投資家の投資手法の1つとなっている。

より多くの利益を得るためには、IPOする企業の金融情報を綿密に調査する必要がある。しかし、上場前の企業は過去の株取引データがないので、特に個人投資家にとっては投資判断が難しいものだ。

韓国にあるYonsei UniversityのJiwooら研究者は、IPO時に売り抜いて利益を出すためのポートフォリオ分散戦略についての研究を推し進めようと考えた。結果、今までにないパフォーマンスを発揮するポートフォリオ構築AIの開発に成功した。

GA-Rough Set Theoryによる最適ポートフォリオの構築

Jiwooらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP