特殊交通ルールに「順応する」自動運転車【AI論文】

自動運転は、乗車中の人間がどれほど楽ができるかでレベル分けができる。レベル5の自動運転車はドライバーを必要としない。レベル4では、多少ではあるがドライバーの役割がある。よりレベルの高い自動運転車の完成と社会実装を目指して、イギリスやスペインなどでは公道における実証実験が世界に先駆けて行われてきた。ヨーロッパは実は自動運転の研究が盛んな地域である。

ところで、環状交差点は事故率が高いのはご存知だろうか?これは自動運転車における問題の話ではなく、人間が運転する現時点での問題である。
自動運転車は「特殊な交通ルールに順応する」という芸当ができるのだろうか?
簡単な話に聞こえるかも知れないが、自動運転アルゴリズムの研究上では、「順応」は長い間未解決の問題であった。判断基準や、選択肢の検索と決定が複雑なためだ。

スペインにあるマドリード欧州大学のLaura García Cuencaら研究者は、特殊な交通ルールに対応し、自動運転車が正しく走行できるような運転モデルの構築を試みた。

事故の多い環状交差点にチャレンジ

Laura García Cuenca らの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP