あの子は真剣?それとも遊び?AIなら見抜ける!【出会い系】

マッチングアプリで異性を探すとき、より効率的に自分に合った相手とマッチする方法はないのだろうか?

「真剣交際を希望しているのに、見事に遊び捨てられてしまった…」
「こっちは一晩寝たいだけなのに、相手が地雷メンヘラで痛い目を見た…」

アプリ利用が有料である男性や、結婚に焦る適齢期の女性は、こうした無駄な出会いを極力省きたいことだろう。

マッチングアプリにおいて、判断材料となるのはプロフィールだけだ。プロフィールを見るだけで、自分に合う相手かどうかを正しく判断するにはどうしたら良いのだろうか。

“損切り上手”の手助けをしてくれるのは、AIかもしれない――

本特集では、AI時代のメンタリズムを、最近発表された論文をもとに解説していく。今回のテーマは「相性の良いパートナーを見抜く」だ。

2019年5月にオランダの研究者たちが発表した論文”Effects of Relationship Goal on Linguistic Behavior in Online Dating Profiles: A Multi-Method Approach”(日本語意訳:目的とする関係性がマッチングサービスのプロフィール内で使用される言語表現に与える影響:複数の分析法によるアプローチ)では、1万人以上のマッチングアプリユーザのプロフィール内で使用されている単語を分析した研究内容が報告されている。

研究の結果、”真剣交際希望者”と”一夜限り希望者”では、プロフィールで使われる単語の種類に違いがあることが分かった。一体、どんな違いがあったのだろうか?論文を紐解きながら、気になる結果を見てみよう。

プロフィールの言葉遣いで真剣度を判断できるかも?

マッチングアプリで相手を判断するときの重要な手がかりの1つは、写真だ。交際において、まず顔が好きかどうかを重要視する人は多いだろう。

加えて、写真には、好みかどうかを判断する以上の機能がある。過去の研究で、長期的な関係性を希望する人(以下、真剣交際希望者)は、交際をより現実的にイメージしてもらうために、加工などが少ない自然な写真を使用する一方で、即席の関係性を希望する人(以下、一夜限り希望者)は、身体的な魅力を強調する写真を使用する傾向があることが分かっている。

しかし、写真のみならず、プロフィール内の文章にも、真剣か遊びかのヒントが隠されている可能性が高い。ある論文では、人間の固定的な性質(たとえば性別や年齢)によって、使用する単語に特徴が見出せることを報告している。たとえば、男性は「地位」や「収入」に関する単語を頻繁に使用し、女性は「私は~」という言い回しをよく使用するといった特徴だ。(こうした特徴は、生まれつきという意味ではなく、各性質に求められている社会的な役割の影響によるものだと思われる)。

さらに、固定的な性質以外にも、その時の感情や、文章を書く目的に応じても、使用する単語は変化する。たとえば、ポジティブな気分の人は、ネガティブな気分の人よりも「!」の使用が6倍多く、ネガティブな単語の使用が5倍少ないといった研究結果がある。

つまり、プロフィール内の”言葉遣い”も、相手を判断する上では侮れない判断材料だいうことだ。

出会い系プロフィールを統計とAIでテキスト分析!

このような理由で、オランダの研究者らはプロフィール内の言葉遣いに注目した。

研究者らは、実際のオランダ人12310人分のマッチングアプリプロフィールの自己紹介欄の最初の100語について分析を行った。この12310人のうち、真剣交際希望者は10696人、一夜限り希望者は1614人であることがそれぞれ分かっていた。

仮説

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP