患者に擬態したAIチャットボットがセラピストを鍛える。

   

会話療法を強みとするメンタルヘルス専門家は、AIチャットボット(エージェント)で練習することによって彼らの臨床スキルを磨くことができる。

根拠

バックボーンとなる研究は、まったく経験の浅い研修生でも、エージェントを使用することで20分程度でそのようなスキルを向上させることができることを示している。

その研究はユタ大学で行われ、7月15日にJournal of Medical Internet Researchに掲載されたものだ。

Michael Tanana博士、および同僚らは、「ロールプレイングや標準化されたセッションなど、従来の方法でトークセラピストを訓練することは時間と費用がかかると指摘している。

「パフォーマンスベースのフィードバックは、スキル開発と専門知識にとって非常に重要ですが、研修生セラピストは、実践視点に欠ける主観的なフィードバックをしばしば受けます」

と彼らは書いている。

技術的な代替手段を求めて、研究者らは2,354の心理療法のメディアファイルアーカイブによってテキストベースの会話型エージェントのAIチャットボット をトレーニングした。

セラピストビギナーの成長度合いで検証

彼らはメンタルヘルスケア以外の様々な職歴を持つ151人のボランティアを実験的な研修生セラピストとして募集し、基本的なトークセラピーの原理とテクニックについてすべてを教育した。

参加者は2つのコホートに分けられた。 1つのグループは彼らのパフォーマンスに関してチャットボットから即座にフィードバックを受け、他のグループは研究者から教育と励ましだけを受けた。

Tananaらは、フィードバックやプロンプトが削除された後でも、チャットボットグループの方が成績が高いことを確認した。

コントロールグループは、フィードバックがなくてもアクティブリスニングの「未解決問題」を効果的に使用したが、この使用法は時間の経過とともに着実に減少した。

さらに、フィードバックがプロセスから削除された後、チャットボットグループは全体で31%以上のリスニングスキルを発揮した。

AIチャットボットの可能性を知らしめる

「これらの初期の結果は、訓練を受けていない人々が特定のタイプのリスニングスキルを非常に早く向上させることができることを示しています」

と著者らは議論でコメントしている。

「この研究に参加した人々にとっては…少なくともこの方法論は特定のリスニングスキルのパフォーマンスを向上させることができます。このタイプのシステムは、心理療法の分野でフィードバック、順守、トレーニングを提供できる規模を改善するための有望な手段を提示します。」

研究は完全に無料で参照可能だ。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x