患者に擬態したAIチャットボットがセラピストを鍛える。

会話療法を強みとするメンタルヘルス専門家は、AIチャットボット(エージェント)で練習することによって彼らの臨床スキルを磨くことができる。

根拠

バックボーンとなる研究は、まったく経験の浅い研修生でも、エージェントを使用することで20分程度でそのようなスキルを向上させることができることを示している。

その研究はユタ大学で行われ、7月15日にJournal of Medical Internet Researchに掲載されたものだ。

Michael Tanana博士、および同僚らは、「ロールプレイングや標準化されたセッションなど、従来の方法でトークセラピストを訓練することは時間と費用がかかると指摘している。

「パフォーマンスベースのフィードバックは、スキル開発と専門知識にとって非常に重要ですが、研修生セラピストは、実践視点に欠ける主観的なフィードバックをしばしば受けます」

と彼らは書いている。

技術的な代替手段を求めて、研究者らは2,354の心理療法のメディアファイルアーカイブによってテキストベースの会話型エージェントのAIチャットボット をトレーニングした。

セラピストビギナーの成長度合いで検証

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

PAGE TOP