人の「嘘」はAIにバレる。

   

「人の心を読みたい」と思ったことはないだろうか?

いわゆるメンタリストと呼ばれる人たちは、まるで魔法のように人の心を読み、行動を操る。しかし実際は、彼らは魔法使いでも超能力者でもない。多くの心理学の知識と、それを実践するための訓練によってその能力を身に付けているのだ。

いまメンタリストになりたいと思ったら、同じように努力するしかないのだろうか?

心理学とは、実は統計学の一種。「データ」と「分析」の学問だ。
大量のデータを分析しパターンを見つけるのは、もはや人間の仕事ではない。

もうお気づきの方もいるだろう。我々にメンタリズムの力を与えてくれるのは、AIだ。

この特集では、AI時代のメンタリズムを、最近発表された論文をもとに解説していこう。

2019年7月に発表されたイタリアの研究者による論文”Can a Robot Catch You Lying? A Machine Learning System to Detect Lies During Interactions”(日本語の直訳:「ロボットはあなたの嘘を見つけるか?接触中に嘘を検出する機械学習システム」)によると、訓練された機械学習モデルは高精度に嘘を発見できる

それがアプリケーションになれば、嘘を見破るAIの登場である。

「嘘」について

嘘は、人間の社会生活の中で形成される最も複雑なスキルの一つだ。
嘘の定義を見直してみよう。嘘とは、「他人にそれを信じさせる意図をもって、虚偽の陳述を行う。そうすることによって真実を隠す」一連の行動を意味する。

しかし、チームワークや協力関係を必要とする現場にとっては嘘を発見する能力が必要とされる。特に教師や医師、法執行官などは対面相手が正直に陳述していることを前提として仕事を進めるため、嘘に気づく必要がある。

冒頭で「メンタリストと呼ばれる人たちは、…それを実践するための訓練によってその能力を身に付けているのだ。」と述べた。
嘘と真実を見分ける能力は、熟練した職業人でも不正確であることがわかっている。過去の研究によると、警察官など経験豊富な専門家であっても嘘の発見率は平均65%である。嘘の発見には正確な手がかりなどなく、主観的な経験に依存しているのが理由であると報告された

嘘を見破る従来の方法

それでも、定性的に嘘を判断するための手法が発表された。それは、

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP