自然言語処理ってAI?何に使えるの?

「より良い品質のサービスを提供したい」それはビジネスにおける普遍的な望みです。
ビジネスに関わる膨大な量のデータを分析すれば、ユーザーにとってより刺激的なサービスが作れますが、人力には限界があります。そこで自然言語処理(NLP)という技術が役に立つのです。

この領域のことを学び始めてすぐは、NLPとAIを混同してしまう危険があります。NLPはAIの技術領域の一部です。あるコンセプトを実現するAIを成り立たせる要素の一つがNLPでありえるというわけです。

NLPベースのAIは、「毎日生成される」データを効率的に大量処理することがミッションです。
以下で、さまざまな領域でNLPがどのように役立つかをさらに調べてみましょう。

5つのユースケース

翻訳

機械翻訳は長年、批判されてきました。プロの翻訳家に敵わないどころが、インターネット上で笑いのネタにされることもしばしば。

自然言語処理は機械翻訳の能力を引き上げました。
企業電子メール、規制文書などの解析には精度が求められますが、自然言語処理の適用による翻訳レベル向上によりやっとコンピューターが役立つ時代が来ました。

一言で言えば、新しい機械翻訳はパートナーとのコミュニケーションを高速化することができるようになりました。

感情分析

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP