Googleアシスタントは、治療補助AI機器No.1!

治療管理のため、多くの人がAIによる音声アシスタント機器を使用しているが、それぞれ使用している機器が異なる。Nature誌に掲載された新しい研究によるとGoogleアシスタントは、Amazonの「Alexa」やAppleの「Siri」などといった類似製品を凌駕する性能を持つという。

AIアシスタントを医療の観点で比較

生命科学に特化した、フルサービス型のマーケティングおよび商業化エージェンシーのKlick Healthの研究者らは、46人の研究参加者の音声を、3つの音声アシスタント機器がどれだけ理解できるかを調べた。

この調査では、およそ46%のアメリカ人が医療目的で音声アシスタントを使用した際、この技術がどの程度うまく作用しているかを示した。これらのインタフェースは、健康情報を収集する目的でも使用されるようになってきている。在宅患者にとっては便利な一面もあるが、不正確で矛盾した診断となってしまうリスクもある。過去の研究では、音声アシスタントの医療アドバイスや有益とされる情報の提供に、完全に信頼を置くことはできないとされている。

問題の一つは、薬について尋ねられたとき、音声アシスタントが異なる人物の音声を識別できないかもしれないという点だ。

「さまざまな薬について尋ねられたときに、音声アシスタントが即座に異なる人物の言葉を認識できない場合、その後のデバイスからの応答が不正確になる可能性があります」とAdam Palanica医学博士は言う。彼は、Klick Heathの行動科学者であり、研究の共著者である。

OK Google、医薬品どれほど知ってる?

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

PAGE TOP