「知性とは何か」解明できるか -MIT(AI×教育)【論文】

   

「知能のいくつかの側面」が予測可能であることが明らかになった−。

汎用AIのある世界へ

AIはいずれ「想像」と「創造」をできるようになる。いわゆる「汎用AI」である。
一方、現在世界に急激に普及し始めているAIは「特化型AI」といい、非常に限定的なタスクをこなす。

我々人間の知性は、特化型の能力よりもむしろ、想像力を働かせたり新しいものを作る汎用的な能力に特長がある。
人間の脳により近い脳をもったAIが汎用AIというわけだ。

汎用AIが普及すると人間がその生活のために必要な労働をすることが減る。ベン・ゲーツェルによると、汎用AIの発明にはまだ5〜10年はかかる。
そしてその世界の実現には、人間の知性を、脳システム的に解明する必要がある。

アメリカにあるマサチューセッツ工科大学のMichaelら研究者は、知性がいかに発生するのか根源的に解明するために、脳を「部分の集まり」としてではなく全体として、システムレベルでその活動を理解し、機能の相互作用から知性の立ち現われを探ることを試みた。

知性発生の根源解明

Michaelらの研究のポイントは以下の通りだ。

ミッション・手法・結果

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP