「薬の窃盗を追え!」スタートアップInvisticsが明かしたAIソフト

ヘルスケア企業のInvisticsは、3月21日に最新のソフトウェアを発表した。
これは、病院の消耗品から不足している薬を検出するのに90%以上効果的なものだという。

ソフトウェアの概要

InvisticsのCEOであるTom Knightプレスリリースで、
「医療従事者の10%が職場から転居し、これらの盗難のほとんどは報告されていない」
と述べた。
「私たちはスケーラブルな方法でその問題を解決したいと思っています、そして、機械学習は私たちがそうでなければ検出されなかったであろう薬物転換を検出するのを助けます。」

Tom Knight
アメリカの合成生物学者およびコンピュータエンジニア。MITのコンピュータサイエンス人工知能研究所のシニアリサーチサイエンティスト。同機構はMIT工学系研究科の一部である。

Invisticsの技術は、医薬品の流用に首尾よくフラグを立てた最初のDEA準拠ソフトウェアであり、National Institutes of Healthによって支えられている。
このプラットフォームでは、高度なAIと機械学習を使用して、薬物流用のリスクが高まる医療従事者の行動パターンをポリシーに違反しているものとして検出する。

アメリカ国立衛生研究所(アメリカこくりつえいせいけんきゅうじょ、National Institutes of Health、NIH)とは
アメリカ合衆国の保健福祉省公衆衛生局の下にあり、1887年に設立された合衆国で最も古い医学研究の拠点機関。本部はメリーランド州ベセスダに置かれている。Institutesと複数形であるように、国立癌研究所、国立心肺血液研究所(英語版)、国立老化研究所、国立小児保健発達研究所(英語版)、国立精神衛生研究所(英語版)など、それぞれの専門分野を扱う研究所と、医学図書館などの研究所以外の組織、合わせて全部で27の施設と所長事務局によって構成されている。

何ができるか

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP