注意欠陥の原因は視床・皮質の抑制機能?計算モデルで解き明かす統合失調症【AI論文】

(Featured AI and healthcare) Is the cause of attention deficit from the thalamic/cortical suppression function? Schizophrenia solved by computational model (Publication)

[論文] Y. J. John, B. Zikopoulos, D. Bullock, and H. Barbas, “Visual Attention Deficits in Schizophrenia Can Arise From Inhibitory Dysfunction in Thalamus or Cortex”. Computational Psychiatry, 2, 223-257 (2018). [DOI: 10.1162/cpsy_a_00023]

3つの要点

✔️統合失調症は、皮質と視床を結ぶ回路の抑制異常と関係している。

✔️開発されたモデルにより、皮質抑制性ニューロンや抑制性視床網様核の摂動が、注意力を散漫にさせることを突き止めた。

✔️この研究は、眼球運動測定のみならず、統合失調症における他の認知障害の研究など、幅広い領域への応用が期待される。

概説

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

PAGE TOP