AIによる会社の倒産予測精度が向上【AI論文】

倒産の恐怖

あなたは自分の会社が倒産してしまうことを考えたことはあるだろうか?景気がいい時には、何らかの要素で会社が振るわなくなることなど、想像ができなくなってしまうものである。

経済産業省の発行した2018年度のホワイトペーパーによると、国内経済は2012年末を境に持ち直しに転じ、景気回復の長さは「いざなぎ景気」を超えているほどである。倒産件数も年間1万件を割り、この低水準は90年頃のバブル経済期とほぼ同程度である。

しかしリーマンショックのような大きな波がいつ来ないとも限らない。2009年の倒産社数は15000件を超えていた。
事前に倒産を予測することで、そのような大きな被害を免れることは出来るかもしれない。

アメリカ・ボストンにほど近いウェスト・ロクスベリーにあるカトリックスクールのWenhao Zhang研究者は、企業における破産を機械学習で予測するという課題に取り組んだ。

従来手法の問題点を発見

Zhang の研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP