保険のリスク査定を自動化【AI論文】

保険業界の今後

20年後、国内の労働力人口比率は50%を下回るという仮定が統計的に有力である。その際、業界全体の保有保険契約高が2015年から13%低下する見込みだ。
縮小する保険業界としては顧客が保険を購入するために必要な信頼性獲得材料が欲しい。顧客側からすれば保険商品を買う根拠が必要だ。

オーストラリアの独立研究員である Jackyは、保険ビジネスにおける、予測正確性による妥当な価格設定とその説明可能性の重要性に着目し、それら両方を達成するモデルの作成を試みた。

ニューラルネットによるリスクプライシングと説明不可能な要素の特定

Jackyの研究成果の要点は以下の通りである。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP