AIはあらゆる人種の皮膚ガンを診断できるか?

   

ワシントンDCで開催された2019年米国皮膚科学アカデミー年次総会の研究者によると、AIシステムは皮膚癌の検出に有望であるとされているが、「現実世界」の用途に利用するにはさらに研究が必要だという。

絵に描いた餅を取り出すために

ニューヨークのNYU Langone Healthの皮膚科医兼助教授、ロジャーS.ホー医学博士は、
「皮膚癌検出のためのAIシステムはまだ非常に初期の段階にある」
述べた。 
「100%確立されたものはまだありません。」

AIと皮膚がんの検出の有効性に関する意見は明らかに異なる。
Annals of Oncologyに発表された最近の研究では、AIベースのネットワークが、さまざまなレベルの経験を持つ数人の皮膚科医よりも優れていることがわかった。
ウォータールー大学の研究者らは、機械学習ソフトウェアが、初期段階で最も治療可能な段階で黒色腫皮膚癌を検出することができることを発見し、彼らの方法は「皮膚癌臨床決定支援のための非常に強力なツールであり得る」と述べた。

AIベースの皮膚癌の検出とスマートフォンのアプリになると、皮膚科医は”採点システム”と”人種多様性” の点で改善の必要性を指摘した。

AIのご都合主義を厳しく見ていくべき

皮膚科医はそのようなスコアの解釈方法を知らないかもしれないが、Alアルゴリズムは疑わしい箇所に皮膚癌スコアを割り当てる。
さらに、皮膚がん発見のAIアルゴリズムをトレーニングするために使用される画像は、通常「最適な条件」で撮影された写真だ。
これは、スマートフォンベースの方法で皮膚がんを検出する場合に問題になる可能性がある。

「コンピュータがこれらの検証済みデータセットをほぼ100パーセントの精度で読み取ることができるからといって、それらが任意の画像を読み取ることができるわけではありません」
とホー氏は言う。
「全員が異なるスマートフォン、証明、環境で行うからです。」

肌の色が薄い人ほど影響を受けやすいが、どんな色の肌の方も皮膚がんになるリスクはある。
しかし、AIベースのシステムは、ほとんど薄い肌色の患者さんを使って訓練されてきた。
AIシステムは、手のひらや足の裏の皮膚癌を検出するようには訓練されていない。
それらは、皮膚の色が濃い人が過度に影響を受ける場所だ。

テキサス州オースティンにあるUTオースティンデルメディカルスクールAdewole Adamson医学博士(MPP)は、
「アルゴリズムは、単にあなたが「そうしろ」と教えた通りにしか動かない」
と同じ声明で言った。
「もし色黒の肌に対する悪性黒色腫を診断するように教えていないのなら、アルゴリズムが完成したときにそれを行うことができないリスクがあります。」

AIと医者の付き合い方

AIが急速に他の医学分野の診断法として普及するようになったので、Hoは皮膚科医がAIを受け入れることを学ぶべきだと付け加えた。
しかし、彼はAIが100%正確であるという考えは否認した。
さらに、彼はAIベースの皮膚癌検出方法を追加し、スマートフォンは訪問を皮膚科医に置き換えるべきではないとした。

「AIと機械学習の「人間対機械」の枠組みが正しいとは思わない」
とアダムソン氏は締めくくった。
「AIが皮膚科医をサポートし、皮膚科医がさらにパワーアップするという考え方がいい。」

原文

https://www.aiin.healthcare/topics/diagnostics/can-ai-diagnose-skin-cancer-all-races

業界/カテゴリー

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x