AIはあらゆる人種の皮膚ガンを診断できるか?

ワシントンDCで開催された2019年米国皮膚科学アカデミー年次総会の研究者によると、AIシステムは皮膚癌の検出に有望であるとされているが、「現実世界」の用途に利用するにはさらに研究が必要だという。

絵に描いた餅を取り出すために

ニューヨークのNYU Langone Healthの皮膚科医兼助教授、ロジャーS.ホー医学博士は、
「皮膚癌検出のためのAIシステムはまだ非常に初期の段階にある」
述べた。 
「100%確立されたものはまだありません。」

AIと皮膚がんの検出の有効性に関する意見は明らかに異なる。
Annals of Oncologyに発表された最近の研究では、AIベースのネットワークが、さまざまなレベルの経験を持つ数人の皮膚科医よりも優れていることがわかった。
ウォータールー大学の研究者らは、機械学習ソフトウェアが、初期段階で最も治療可能な段階で黒色腫皮膚癌を検出することができることを発見し、彼らの方法は「皮膚癌臨床決定支援のための非常に強力なツールであり得る」と述べた。

AIベースの皮膚癌の検出とスマートフォンのアプリになると、皮膚科医は”採点システム”と”人種多様性” の点で改善の必要性を指摘した。

AIのご都合主義を厳しく見ていくべき

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP