熟練者でも手こずる匠の技をこなすAIを開発【AI論文】

職人技を継承するのは人間だけか

あなたは、何か専門的に持っている技能や知識、人脈や経験などがあるだろうか?あるいは、専門家の技を盗みたいと思ったことは?

私たちが目にする多くの工業製品やサービスは、その裏で職人が活躍している。人工知能技術が発達する中で、職人技をデジタルに継承できる可能性が浮上してきた。そして論点は、「AIは職人技を継承できるか」から「AIは人間の職人技を超えるのではないか」に広がってきた。特に材料分野での活躍が期待されている。

日本にある物質・材料研究機構のDmitry S. Bulgarevichら研究者は、熟練者でも時間のかかるプロセスである「材料の微細構造情報」の定量化に対し、鋼の光学顕微鏡画像をパターン認識で自動化するため、ランダムフォレストアルゴリズムによる信頼性の高いパターン認識法の確立を試みた。

Dmitry S. Bulgarevichらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP