AIからのヘルスケアアドバイスを信じる人=25%、最新の調査より

   

最近の世論調査によると、消費者の5分の1だけがAIによって生成された通信からの医療アドバイスを信頼するとのことだ。
この調査結果は、AIソリューションが医療業界全体で出現し続けているときの消費者の感情と、投資家からの資金が新たな開発に資金を投入していることを反映している。

二千人からの調査より

Invocaからの依頼でThe Harris Pollが実施したこの調査では、オンラインで米国の成人2000人に問い合わせた。
AIが生成したコミュニケーションを通じて業界を超えてブランドと対話する際の消費者の経験に注目した。

企業が人との対話を選択することができず、自動通信にしか頼っていない場合、消費者の半数以上(52%)がイライラしたと感じている。
また、5人に1人が怒っていると答え、自動通信のみを使用するブランドでの経験を楽しんだと答えたのは16%だけだった。

それが信頼になると、すべての消費者がAI生成通信を通して医療アドバイスを聞く準備ができているというわけではない。
調査回答者のわずか20%が、AIからの医療アドバイスを信頼すると答えた。
AIが生み出したおもてなしについてのアドバイス、19%が金融サービスについての信頼を寄せてくれると答えたのは38%だ。

ヘルスケアおよび金融サービスに対する消費者間の信頼の欠如は理にかなっていると、世論調査は、これらの分野は、例えば小売と比較してはるかに高い賭けをしているのだ。

若者はAIを受け入れやすい

しかし、18歳から34歳までの若い消費者は、AIからのアドバイスを信頼する可能性がはるかに高い。
ヘルスケア分野では、65歳以上の人口の10%に対し、この年齢層の消費者の22%がAIによるアドバイスを信頼している。
高齢者は、おもてなしに関する質問や提案など、利害関係の低い活動についてAIが生成したアドバイスを信頼する可能性がはるかに高く、65歳以上の32%がこのアドバイスを信頼すると答えている。

AIはヘルスケアにおける人間の仕事を補完するための革新として唱えられてきたが、特に問題解決に関しては、その技術は人間関係の価値に取って代わることはできない。
約3分の1の消費者が電話でヘルスケアの取引を完了するのを好むのに対し、対面で好むのは30%、オンラインで好むのは25%、モバイルアプリではわずか6%だ。
チャットボットのように、AIを通じてヘルスケア取引を完了することを好むのは5%だけだ。

現状の妥当な結論

「AIはビジネスの「バックオフィス」にとって真の変化をもたらしましたが、マルテックツールとビジネスをより効率的に運営する方法を考える – この調査はまだビジネスのフロントエンドよりも遅れていることを示唆しています」

Invocaのマーケティング担当副社長、Julia Stead氏は声明でこのように述べている。 

「その結果、多くの消費者は特定の種類の取引を完了するために人間のやりとりを強く望んでいます。」

原文

https://www.aiin.healthcare/topics/connected-care/20-consumers-trust-ai-generated-advice-healthcare

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x