次世代プロセッサ開発 イスラエルAIスタートアップが2100万ドル調達

今年、シリーズAで2100万ドル(当時の為替レートでおよそ23.1億円)調達したイスラエルのAIスタートアップHailoは、AIプロジェクトに役立つ独自のプロセッサを開発している。

企業の強み

同社は「エッジデバイス*でのディープラーニングのための独自の処理アーキテクチャ」を開発している。

*エッジデバイスとは、ネットワークに繋がることでそれぞれの現場で役割をはたすコンピューターマシンのこと。

また高性能・低電力・小型のHailo-8™️ディープラーニグプロセッサを提供する。この画期的なプロセッサーは顧客の中心となる自動車市場にもたらす価値を超えて、監視、スマートホーム、IoT、産業、ロボット工学、AR/VRプラットフォーム、ウェアラブルなど幅広い市場に影響を与える。

https://www.youtube.com/watch?v=KolqCAzeH-Y

HailoのCEOは以下のように述べている。

「電力消費、サイズ、およびコストが、エッジデバイスに強力なディープラーニング機能を展開することを現在妨げています。当社のHailo-8プロセッサは、それらの障壁を克服するのに役立ちます。」

リードVCの存在

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP