「日常の些細な記憶」を失うメカニズムを解析【AI論文】

私たちが何気なく行なっている「計画と行動」「生活と管理」「人とのコミュニケーション」。これらは膨大な記憶によって支えられている。記憶なくして人間生活は難しい。

しかし、実は記憶について分かっていることは余りにも少ない。

インドのピラニにあるハーバード大学医学部のP. Misraら研究者は、「記憶保持について解明すること」が脳に関する理解や記憶喪失を伴う病気の研究に大いに関係するという状況において、過去の経験の記憶がどの程度保持されるのかは明らかではないという課題に注目し、視覚情報と記憶の定着具合の関係性を調査した。

記憶認識を定量化

P. Misraらの研究のポイントはこうだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

PAGE TOP