2035年、AI市場は14兆ドルになる(アクセンチュア)

コンサルティング会社の大手であるアクセンチュアは、AIが2035年までに世界規模で14兆ドルに達すると予想している。

しかし、そんな世界観に向けて企業がAIを実装して儲けを出していく際に気をつけるべき事項が以下の4つである。

  • 人材不足

もっとも差し迫った問題の一つ。経験のある専門家が不足している。未だクリティカルな解決手段は提案されていない。

  • ITインフラの欠如

モデルの構築とトレーニングには高速なシステムと大量のデータが必要だ。しかし高性能なコンピュータは依然としてかなり高価である。解決策の一つとしてはクラウドベースのAIを活用することだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

PAGE TOP