股関節手術後の患者をAIで助けたい!

   

人工股関節全置換術後の患者は、遠隔理学療法士によるモニタリングを随時行いながら、自宅で安全かつ効果的にリハビリするのに役立つAI搭載のバイオフィードバックを提供されている。

ポルトガルにて

そのため、ポルトガルの研究者たちは、従来の監督された在宅理学療法(PT)レジメン後の結果に対して、彼らの新しいAIシステムで達成された臨床結果を比較した。

ポルトのSantoAntónio総合病院とその同僚の主執筆者であるFernando Dias Correia医師は、6月21日にオンラインでJMIR Rehabilitation and Assistive Technologiesに発表した。

チームはベースラインを確立するために手術前に66人の患者を評価し、それからリハビリの途中と最後に、そして股関節全置換術後の3ヶ月と6ヶ月(別名、関節形成術)で再度行なった。
彼らは参加者を2つのコホートに分けた。
従来のPTでは31、デジタルPTでは35だ。

後者は、1週間に5〜7日使用するように指示されたモバイルアプリを介したエクササイズセッションでガイドされた。

研究者たちは患者の意欲と身体的な進歩を評価したいと考えていたため、努力の姿勢のある人々はだれでも研究から除外しなかった。

結果を分析して、彼らはすべての時点で両方のグループで臨床的に関連のある改善を見つけた。

その間、デジタルグループは、2つの主要な結果分析(プロトコルごとと治療意図)に関して、「アップアンドゴー」スコアのタイミングをよくした。

さらに、ベースラインから6ヶ月の時点で、股関節機能不全と生活の質(1つの例外を除いて後者)は、デジタル群でより良好な結果が得られた。

「この研究は、この新しい解決法が人工股関節全置換術後のリハビリテーションにおいて有望であり、人的資源への依存を減らしながら従来のリハビリテーションよりも優れた臨床転帰を確実にすることを実証しています」

とDias Correiaらは述べた。

患者とのコンセンサス、困難さはむしろその部分に

彼らの議論において、著者らは、彼らが156人の適格な研究対象から始めたことに注目している。
この分野が66に確定した主な理由は、単純な拒否と同意の撤回だった。

著者らは、特に股関節置換術を必要としているようなより古い亜集団における、技術の懐疑論を、可能性のある減少の原因として引用している。

「これと同じ困難さは他の著者によって同様の装置を用いた研究において報告されたものであり、これらの技術が克服しなければならない課題の一つである」

と彼らは書いている。
その一方で、本研究の最も古い患者は、「研究への参加が費用を意味しないことを明確かつ徹底的に説明していたにもかかわらず」隠れた費用に対する恐れを表明した。

大きな可能性を胸に

Dias Correiaらと共著者らは、彼らの研究は、人工膝関節全置換術のための同じチームによって以前に示されたように、人工股関節全置換術後の新規AI補助バイオフィードバックシステムの安全性と実現可能性を実証するとコメントしている。

このシステムは、

「高齢患者によるユーザビリティの点で改善の余地はあるものの、高い患者満足度と関連している」

と彼らは書いている。 

「これらの有望な結果はさらなる調査を正当化し、これらの知見を確認するための大規模なランダム化比較試験の実現可能性を証明しています。」

原文

https://www.aiin.healthcare/topics/connected-care/ai-guided-physical-therapy-total-hip-replacement

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x