飲み水の需要は予知できるか【AI論文】

ある国における2050年における飲み水の需要は0.8%増というシミュレーション結果を得た−。

飲み水を提供するサービス事業は、生産と貯蔵キャパシティの計画を長期需要予測に合わせて作成する。
そのため、安定的なインフラ運用のためには正確な予測が不可欠である。

オランダにあるKWR Water Research InstituteのErwinら研究者は、この状況に着目し、機械学習を用いて需要予測を試みた。

数十年後の水需要を考える

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP