観光客の抱いた感情は数値化できる(中国)【AI論文】

観光産業は客とホスト側のはすれちがいのドラマである。国内では、観光資源が多いと考えられている地域が観光地として認知されていない場合もあり、訪日旅行客が魅力を感じ、お金をかけたいと思うポイントが日本に住む人と異なることが少なくない。そしてその要因はうまく解析できるツールはない。

その国に住む人にとっては当たり前(違和感や強い感情を抱かない)のことが、旅行客にとっては魅力を減らす原因であることがある。例えば中国であれば大気汚染が住む人にとっては問題ないレベルであっても旅行客にとっては負担である。しかしホスト側がその気持ちを上手にヒアリングできなければ、観光客の生の声をアンケートすることができない。

そんな中、中国にある江蘇師範大学のYuguo Taoら研究者は、ソーシャルメディアベースのデータをもとに観光客の感じる大気汚染の程度の調査を、新しく提案した分析手法によって行った。この調査結果は、大気質と観光客の満足度との関連を調べるなど、重要な応用範囲が見込まれる。

その研究のポイントはこうだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP