ツイートの感情は伝わる(ギリシャ)【AI論文】

総務省の発表した情報通信白書(平成30年版)「ソーシャルメディア利用のデメリット」によると、国内においてソーシャルメディアで情報発信を行う利用者のうち、何らかのトラブルを経験した人々の割合は、23.2%である。他国の状況はアメリカ56.9%、イギリス49.2%、ドイツ50.0%であり、相対的に見て低い数値ではあるが、人数とトラブルの重大度は必ずしも一致しない。ちなみに各国とも最も経験者の割合が高かったのは「自分の発言が自分の意図とは異なる意味で他人に受け取られてしまった」であり、2番目に高かったのは「ネット上で他人と言い合いになったことがある」であった。

ネット上のテキストベースのコミュニケーションによるすれちがいの要因は様々であるが、「表情」や「声のトーン」、「前後の文脈」など、感情を汲み取る材料が欠落していることが一因にあげられる。

そんな中、ギリシャにある国際ギリシャ大学のEfstratios Kontopoulos ら研究者は、Twitter投稿の感情分析をより正確に行う手法を考案し、これが従来の手法より詳細な分析が可能であることを示した。

その研究のポイントはこうだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP