通勤移動をモデル化(ブラジル)【AI論文】

大都市が存在することの功罪は色々あるが、都市圏の住民が感じるストレスの代表例は満員電車だ。その次が道路渋滞だが、いずれにせよ通勤ラッシュが原因となっている。

満員電車や道路渋滞などの現代的な問題は、現代的な技術であるコンピュータシミュレーションで解決できるかもしれない。「他人の動き」が精密に予知できれば、その動きを避けて行動すればよいからだ。

そんな中、ブラジルにあるサンパウロ大学のGabriel Spadonら研究者は、人間の活動の影響を改善するには人間の移動のモデリングが不可欠であるという状況において、既存の方法は性能が悪いという課題に注目し、機械学習を使用するアプローチを提案した。

その研究のポイントはこうだ。

通勤者のネットワークを構築

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP