ディープラーニングで神経膠腫の画像診断の困難性を解決!腫瘍の治療と研究への貢献に期待 (AI×医療)【論文】

(Featured AI and healthcare) Deep Learning solves the difficulties of medical imaging of glioma ! Expected to contribute to tumor treatment and research (Publication)

[論文] M. M. Shaver, P. A. Kohanteb, C. Chiou, M. D. Bardis , C. Chantaduly, D. Bota, C. G. Filippi, B. Weinberg, J. Grinband, D. S. Chow and P. D. Chang, “Optimizing Neuro-Oncology Imaging: A Review of Deep Learning Approaches for Glioma Imaging”. Cancers, 11 (6), 829 (2019). [DOI: 10.3390/cancers11060829]

3つの要点

✔️神経膠腫はMRIを用いて特徴付けられるが、その特性上、信頼性の高い画像評価は困難だった。

✔️ディープラーニングは、医療における画像ベースの問題を解決すると期待されており、研究と臨床活動の両方を発展させる可能性を秘めている。

✔️この論文は、神経膠腫の検出と予後予測の分野で使用されている現在のディープラーニングの手法の応用を概説している。

概説

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP