パターン認識により「機械動作したまま」部品検査を可能に【AI論文】

   
法人向けパーソナル技術調査サービス始めました↓

イタリアにあるモデナ大学のJacopoら研究者は、動作中の機械部品の監視と診断における機械学習の利用について、十分な研究がなされていないことに着目した。彼らは、パターン認識モデルの一つであるSVMを、様々な動作条件下で訓練し、訓練条件が分類器の性能に与える影響の大きさを特定しようと試みた。

その研究のポイントはこうだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

法人向けパーソナル技術調査サービス始めました↓

パーソナル調査サービス始めました。

貴社のDXブランドをサポート

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP