オックスフォード大、機械学習で繊維複合材料の特性を予測【AI論文】

イギリスにあるオックスフォード大学のM. V. Pathanら研究者は、近年データサイエンスと機械学習技術がますます材料工学に適用されている状況において、機械学習技術を繊維複合材料の特性予測に用いる技術についてはまだ研究が進んでいないという課題に注目し、複合材料の特性を予測する機械学習を用いた手法を提案した。

その研究のポイントはこうだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP