「蛍光バイオイメージング」最適化【AI論文】

   

イスラエル・ラマトガンに位置するバル=イラン大学のFixlerら研究者は、蛍光金属の最適化ツールの作成という課題において、蛍光バイオイメージングを行う造影剤のナノ構造評価に取り組んだ。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

その研究のポイントはこうだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x