AI用ハードウェアの需要が本格化してゆく

有名なスパコンのメーカーであるCrayは、IT企業は今後AIの仕事が増えていくのだから、そのためにより多くのデータセンターおよびハードウェアを必要とする、という同社の見解を示すレポートを公開した。

同社は300人以上のITプロフェッショナルを調査した結果、70%のIT企業が自社の開発でAIアプリケーションを使っていると報告。

さらに65%近くが、パフォーマンスの要件の増加に対応するために自社運用システムを拡張する必要性があると述べているという。

また34%以上が、「2019年内にAIがクリティカルなビジネスソリューションになる」と考えている。

ニューウェーブ

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP