自動運転車の隊列走行技術の調査【AI論文】

イギリスにあるEssex大学のAakash Soniら研究者は、自動運転車の開発が進んでいるという状況において各々が独立して周囲環境を認識しているという課題に着目し、自動運転車同士での車両の位置コントロールについての調査を試みた。

その研究のポイントはこうだ。

✔️課題
自動運転の技術において車同士の協働性という技術がない

✔️解決手法
多くの論文から体系的に見直した。

✔️結果
自動運転車のフォーメーション技術の発達を期待したい。

では研究の詳細を見てみよう。

自動運転技術の進歩

自動運転/無人運転は、個人や商品の移動しやすさを根本的に変える可能性のある主要な最先端のステップである。

 現在、開発のほとんどは独立型の自動運転車を対象としている。この自動運転車は、周囲の感覚を感知し、この認識に基づいて車両を制御できる。 これは相手の車が人が運転していようが自動運転車であろうが関係ない。

図4 自動走行車の隊列

自動運転車同士の協働

Aakash Soniらの研究では、自動車両研究の次のステップに焦点を当てる。これは、主に車両編成制御または車両隊列走行の自動車運転車間の協働作業である。

図3ある隊列における走行隊列の制御

自動運転車同士のフォーメーション技術の現実

この分野のより深い理解を得るために、既存の多数の論文が体系的に見直された。 言い換えれば、車両編成制御の多くの分散型および分散型アプローチが研究され、それらの実用化が議論されている。 フォーメーションコントロールの技術的および実用化の課題の両方が問題になっている。

図2 先頭を走る車とそれについて行く車の位置関係

今回の調査によりより自動運転車の実用化に向けて技術が向上するだろう。

参照論文

Aakash Soni, Huosheng Hu,”Formation Control for a Fleet of Autonomous Ground Vehicles: A Survey”,robotics,7(4),67-

DOI:10.3390/robotics7040067

◎ライター募集◎

AIの最新論文を読んで、要約記事を書いてみませんか?

アイブンでは、一緒に記事を作ってくださるライターさんを募集しています(有償)。アイブンは、日本最大のAI論文要約データベースを目指しています。今後データベースを充実させていくには、多くのライターさんのご協力が必要です。

AIや情報系・工学系のバックグラウンドをお持ちの方、AI関連のお仕事をされている方、AIを学習中の方など、AIに関心がおありの方なら、どなたでもウェルカムです!

少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご連絡ください。お待ちしております!

詳細はこちら。

PAGE TOP