材料のナノスケール結晶欠陥を自動特定(米)【AI論文】

アメリカにあるパシフィック・ノースウェスト国立研究所のGraham Robertsら研究者は、材料の特性を考える上で重要視される結晶学的欠陥の自動特定はまだ上手くいっていないという課題に注目し、新しいCNN(畳み込みニューラルネットワーク)のモデル「DefectSegNet」を提案した。

その研究のポイントはこうだ。

✔️課題
結晶学的欠陥の自動特定はまだ上手くいっていない。

✔️解決手法
新しいCNN「DefectSegNet」を提案した。

✔️結果
三つの型の欠陥の全てで高い精度を出し、欠陥定量化は人間の専門家の平均値より優れていた。

では研究の詳細を見てみよう。

結晶学的欠陥の自動特定はまだ上手くいっていない

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP